大連野球連盟

広げよう人の輪、野球の輪
言語:
日本語日本語
  1. HOME
  2. >
  3. 大連野球連盟対戦規則

大連野球連盟対戦規則
Rule

1
代表者会議で決められた事項は、必ず全員に徹底させること。
2
参加チームは、試合開始予定時刻の1時間前までに球場に到着し本部に届け出ること。
なお、第一試合の2チームは協力して球場内全ての試合準備を行う。
また、試合管理担当チームは30分前までに球場に到着すること。
管理チームは主審、塁審1名、SBO掲示、記録を1チームが担当、塁審2名、ボール回収、洗浄、主審へのボール渡しを1チームが担当すること。
管理チームとしての役割を果さないチームは、厳重注意とするが、幾度も繰り返すようであれば、連盟から除名することを運営部、連盟会長と協議する。
3
メンバー表の交換は、試合開始30分前までに、監督(代行者)がメンバー表を本部に提出すること。
4
試合開始時刻を経過し、何ら連絡も無くチームが到着しない場合は、該当試合は棄権したものとして不戦敗として処理する。
不参加、遅刻する場合は試合開始予定時刻前までに必ず事務局へ連絡し確認すること。
5
シートノックは7分間とし、試合の進行、グラウンド状況により時間の制限を設けたり、又は行わない事もある。シートノックを行わない場合は、球場内の所定の場所にて練習を認める。
6
ベンチサイドは組合せの左側チームを一塁側とする。
7
コールドゲームは次の通りとする。
1)日没、降雨、その他の理由により、審判員及び本部が試合続行不可能と認めた場合、4回表裏を完了していない場合は再試合とする。5回以降は試合成立とする。同点の場合は引き分けとする。
2)5回を完了し(5回以降も含む)、得点差が10点以上生じた場合(完了とは先行、後攻ともに攻撃を完了する事)。
8
試合は7回もしくは2時間を基準とし、7回終了時同点で2時間を越える場合は引分け。また7回になる前に試合時間が2時間を超えると思われる場合、15分前を基準とし次の回には入らない。時間内で同点の場合は延長せず引き分けとする。
9
次の場合は没収試合とする。
試合当日、登録メンバーで試合に望めない場合、そのチームは不戦敗とし試合は没収試合
となる。得点は不戦勝チーム7点、不戦敗チームは0点とする。
10
内野手の転送球(ボール回し)は、各イニングの最初のみとする。
11
イニング終了の攻守交替の際、攻守とも駆け足で迅速に且つ守備側はボールをピッチングプレート前に置くこと。
12
雨天の場合は、本部より試合開始の2時間前までに各チームの代表者に連絡する事とし、本部より連絡のない限り試合を行う。
13
審判、記録員、ボール回収は連盟の定めた規則に基づき、試合管理担当チームが対応する。
試合管理担当は試合日程と同様に連盟が指名する。
14
審判の判定に対して各チーム監督(不在の場合は監督代行)、当事者のみが審判抗議を行うことが出来る。審判は抗議を受けた場合は必要に応じて四審判が集合し、協議のうえ判 定に間違いが認められた場合においてはその判定を訂正することができる。但し、審判が独自で判断できない状況が発生した場合は、本部と協議のうえ決定しこれに従う。
15
抗議時間は5分以内とする。5分経過後審判が開始を宣言する。これに従わない場合は没収試合とする。
16
審判員及び選手間における暴力行為は即退場処分とする。
尚、暴力行為による退場者は連盟への登録を永久的に抹消とする。
退場を宣告された選手はベンチ外に出なければならない。
退場処分を受けた選手の所属チームは次の試合を不戦敗処理とする。
17
審判・選手に対する侮辱行為については、審判・本部より監督への厳重注意処分を行う。行過ぎた行為に関しては、退場処分を行う。
行過ぎた行為とは、対戦チームへの挑発的な発言、威圧的な態度、非常識な発言を言う。
行過ぎた行為で退場処分となった選手は、次戦は出場停止とする。
威圧的な態度例:デットボールを受けた選手が、ピッチャーに詰め寄るなど。
頭部付近への死球は危険球として主審が判断した場合は退場処分とする。但し、打者が屈んだための頭部付近の死球は危険球とは見なさない。
また、死球にはならなかった場合でも危険球と判断(主審判断)した場合は退場処分とする。
この場合、退場者はベンチ外に退場する必要はない。
危険球による退場により交代選手がいない場合は、一度交代した選手でも出場できるものとする。また、9名しか選手がいない場合は、退場処分とせず、守備を交代するものとする。
18
諸事情(怪我、グランドトラブル)により試合が中断した場合は、審判がタイムをかけていない場合においてもボールデット扱いとする。
19
臨時代走は認める(怪我等により治療が必要な場合)。臨時代走は該当走者からバッテリーを除く最も打順の遠い者が務める。
20
各試合のグラウンド整備は試合終了後に2チームが行う。(水撒、ライン引きを含む)
21
指名打者制(DH)は導入しない。
22
リーグ戦、トーナメント戦途中に新規加入を希望する選手が出てきた場合、各チーム試合の前日までに連盟へ連絡し新規加入選手の登録を行う。但し、他のチームに既に登録されている選手の二重登録は一切認めない。
23
廃止(マウンドの2m手前からの投球を許可する)。
24
ユニフォームは原則統一された物で且つ各選手事前に登録された背番号の物を着用する。
但し、ユニフォームを新規注文中、或いは忘れた場合、事前に運営部長に連絡し、野球をするにあたり相応しい服装であれば試合への参加を認める。このことは、運営部長として試合前に対戦チームに報告しなければならない。ユニフォーム以外での(タンクトップ・短パン着用)試合出場は禁止する。
25
金属バットは各国公認もしくは中国規格の物を使用する。
26
捕手はマスク、レガース、ヘルメットの着用を厳守する。打者はヘルメットの着用を厳守する。ピッチャーはグローブ以外の物を手に着けてはならない。
27
廃止、(1塁ベースはランナー用、守備用の2ベース制を採用する)。
28
試合終了前後は、ホームプレートを中心に相対し、挨拶を行った後ベンチに戻ること。
29
投手の投球時以外の金属スパイクの着用は禁止。試合開始前の整列時に審判がスパイクの確認を行う。
30
毎回最終試合の勝利チームがトイレ掃除を行い、その他の片付け全般は両チームで行う。
31
(本塁衝突プレーについて)捕手がボールをもたずに走者の走路をブロックすることは出来ない。捕手がボールをもたずに走者の走路をブロックしたと審判員が判断した場合その走者にセーフを宣言する。
32
タイムの回数についての規定
・タイムは、1分以内を限度とする。
・攻撃側のタイムは、1試合に2回以内とする。
・守備側のタイムの回数制限
捕手または内野手が、1試合に投手の所へ行ける回数は、2回以内とする。
野手(捕手も含む)が投手の所へ行った場合、そこへ監督またはコーチ等が行けば、双方1回として数える。(逆の場合も同様とする)
投手交代の場合は、監督またはコーチのみ回数には含まない。
監督またはコーチ等がプレーヤーとして出場している場合は、投手の所へ行けば野手としての1度と数えるが、協議があまり長引けば、監督またはコーチ等が投手の所へ1度行ったこととし通告する。
・監督またはコーチ等が投手のところへ行く回数は2回以内とする。
追記
1
ボーク:明らかなボークについては、1回目から適用するが、 微妙なものは主審判断とする。
※右投げ投手の三塁偽投: 野球規則に基づき禁止、ボークとする。
2
投球練習: 初回、及びピッチャー交代時は最大7球、それ以外は最大4球とする。
3
その他: 本附則にないルールは、「全日本軟式野球連盟公認野球規則」に基づき、主審判断とする。
4
トーナメント大会に限り規定回数、時間内に勝敗が決定しない場合は抽選で勝敗を決定する。
但し、決勝戦のみ日没まで(主審の判断で終了)特別延長戦を行う。
また、決勝戦はコールドゲームとならない場合に限り、7回まで試合を行い、時間制限はなしとする。
5
選手が9人に満たない場合、別のチームから選手をお借りして(最大二名)公式戦として試合可能とする。その場合は、対戦チームの承認がなければ試合ができないことを条件とする。
*抽選方法
1:審判員並びに試合終了時に出場していた両チームの選手が終了挨拶の状態に整列する。
2:抽選用紙に◎印、×印各9枚記入したものを封筒に入れる。
3:球審が18枚の封筒を持ち、先攻チームより1枚づつ交互に選ばせる。両チーム監督が相手チームの抽選用紙を集め審判へ提出する。
4:2人の審判員が両チーム監督立ち会いのもと開封し、◎印の多いチームを抽選勝ちとする。
6
トーナメント大会においてWindy戦に限りWindyの選手が守備に就く際にはC号ボールを使用し、対相手チームが守備に就く際にはA号ボールに交換して試合を行う。また、Windyに主審登録者がいない場合は、もう1チームの管理チームが主審を担当すること。
7
安全な試合進行の為に、各チームで下記の行為に注意し、進行を妨げない。

① 試合中選手は基本的にネクストバッター、ランナーコーチ、先発投手の投球練習以外はベンチ前に出る事を禁止する。

② ネクストバッターサークル内でのスイングは禁止する。

③ 投球練習中にネクストバッターはバッターサークル内に入る事。

④ ベンチ前に用具等は置かない事。

⑤ ベンチ内での喫煙は禁止する。また、喫煙エリア外の喫煙も禁止する。

⑥ ファールボールの処理は試合管理チームが速やかに取りに行き、ボールを洗浄して、所定の 場所へ保管し、そこから主審へボールを渡す事。

⑦ 試合後ベンチ内のゴミは各チーム持ち帰る(外も同様)
※試合当日球場に持ち込んだゴミは、各チームが責任をもって処理し、ゴミを持ち帰る事。若しくは、設営されたゴミ箱へ廃棄すること。

⑧ 野手のタッチプレーやランナーのスライディング、野手のブロック行為でアンフェア―なプレーは禁止する(内容に応じて審判判断で退場処分する)

更新:2018年2月20日

大連野球連盟紹介
About

To Top